top_jpg

学校長コラム


 

bunkyo

◎頑張る君を応援します

大森学園高等学校
校長:畑澤 正一
 2016.10.05掲載

 

 体育祭は700人の保護者の方が大声援を送ります。夜八時まで勉強する生徒が大勢います。部活動の後も勉強できます。休祝日も午後六時まで進学支援センターが開室。車イスで学校内外のバリアフリーを体験するクラスがあります。子どもの大切なおもちゃを直す生徒、車イスを丁寧に清掃修理しアジアの国に送る生徒がいます。部活動で汗を流す大勢の生徒がいます。
埋もれている力が開花してほしいから、大森学園はたくさんの機会を準備して頑張る君を応援します。

 

>大森学園高等学校 WEB Site

 


 

◎一歩踏み出して新しい自分を発見しよう

品川エトワール女子高等学校
校長:藤原 秀樹
 2016.09.29掲載

 

 高校生活の3年間は将来への基礎固めをする大切な時間になります。本校では生徒一人ひとりの進路に合わせて「国際キャリアコース」「マルチメディア表現コース」「一般コース」の3コースが選択できます。それぞれ独自のカリキュラムにより専門性の高い分野の知識、技能を習得することができます。
 特に近年急速に進むグローバル社会に対応すべく、希望者全員が留学できるように留学制度の充実を図っています。海外生活を体験することによって、表現力や行動力、またコミュニケーション能力も向上します。
 未来を輝かせる一歩を品川エトワール女子高等学校で踏み出してみませんか。

 

>品川エトワール女子高等学校 WEB Site

 


 

bunkyo

◎「人間愛」を守り、「進学力」で攻める

文教大学付属中学・高等学校
校長:戸田 弘美
 2016.09.23掲載

 

 本校は1927年(昭和2年)に開校し、来年には創立90周年を迎えます。創立以来、「人間愛」を校訓として、穏やかで心優しい生徒気質が脈々と培われてきました。近年は、オーストラリア語学研修やキャリア教育プログラム、放課後の学習支援等の多岐にわたる計画を実行し、学校全体に活気があります。そして、グローバル化への対応や組織的な指導体制が整ってきた今、新たな目標は「進学力」の向上です。授業改善や丁寧な学習指導を着実に積み重ね、生徒の夢を叶える学校づくりに日々邁進しています。新感覚なデザインの校舎が9月末に完成します。ぜひ本校にお越しください。

 

>文教大学付属中学・高等学校 WEB Site

 


 

◎Women of Wisdom
 ~深い知識と豊かな心を育む~

京華女子中学・高等学校  校長:大野 葉子 2016.06.14掲載

 

 本校は、1909年(明治42年)に、今と同じ文京区白山の地に設立されました。校舎は、1933年(昭和8年)竣工以来改修・改良を重ねつつも80年以上その趣を継続しています。この校舎に学ぶ生徒たちは、伝統の重みを実感しながら、現代社会に通用する知識や技能を身につけています。
 京華女子は、"Women of Wisdom"をスローガンに、知性を重んじ、心・学力・国際感覚を育てます。

 

>京華女子中学・高等学校 WEB Site

 


 

◎真の実学教育を求めて

京華商業高等学校 校長:萩庭 悟 2016.06.14掲載

 

 「人材の育成」を掲げ、多くの優れた人材を世に輩出して115年。「進学も出来る商業高校」として多くの支持を得ております。目的・目標に向かってやりぬく、強い意志と行動力、克服する精神力を表す、時代を超えても変わらぬ京華の精神「Never Die」。
 揺れ動く現代社会では、自信を持って生きる強さと豊かな感性に溢れる「オンリーワン」が求められています。社会生活に必要な「生活力」、行事等を通して心と体で感受する「体感力」、検定指導などを通じての「実学力」を教育の3本の柱として、生徒の教育に当たっております。

 

>京華商業高等学校 WEB Site

 


 

◎自信を持とう!すべてはそこから始まる

京華中学・高等学校  校長:町田 英幸 2016.06.07掲載

 

 人は生まれ持った逸材(才能)を有し、環境の中でそれを育みます。この生徒ひとり一人が持つ逸材(才能)を見つけて、輝かせるのが京華の教育理念です。
 男の子に大切なのは自信です。誰にも負けないと言える才能が一つあれば自信が湧いてくるものです。その才能は学習だけに留まりません。スポーツ・芸術・趣味と多岐にわたります。自信を持てば何にでも積極的になり、成功をつかみ取るのです。自分の得意なものを極めつつ学びも極めていく、それが京華の教育です。
 120年に及ぶ伝統を背景に新時代のリーダーとなる男子を輩出していきます。

 

>京華中学・高等学校 WEB Site

 


 

◎さまざまな仲間の中で自分をみつけ、ともに高め合う

東洋高等学校 校長:石井 和彦 2016.06.07掲載

 

 東洋高等学校の校舎はJR総武線水道橋駅のすぐ前、13階建てのビル。学校としてはあまり他に類を見ない立地です。立地や形状はユニークでも学校生活はとてもベーシックです。「自律・共生」を校訓に掲げ、「なりたい自分」になるために日々努力を重ねる。また、人間はひとりでは生きていけないからこそ、他者とどのように関わり理解し合っていくか、を探る。こうしたことを学習や行事、クラブ活動を通して実践していきます。失敗や挫折、迷いもありますが、生徒は皆、明るくて素直です。東洋高等学校で、ぜひいっしょに勉強やクラブ活動で汗を流してみませんか。

 

>東洋高等学校 WEB Site

 

 

© OKK. All Rights Reserved.
Ibuki-Gakuin 1-54-6 Ohi Shinagawa 140-0014 Tokyo Japan